トップページ > 大久保病院について > 平成28年度 大久保病院 病院指標

平成28年度 大久保病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 107 804 504 606 576 1083 1490 1137 243

地域医療支援病院として急性期医療を提供している当院は、幅広い年齢層の患者さんが入院しています。最も多い年齢層は70~79歳で22.7%、60歳以上の患者さんの占める割合は60.4%と高齢者の割合が高くなっています。

一方、60歳未満では20~29歳の年齢層が12.3%と最も割合が高く、これは当院が歌舞伎町という繁華街に立地しており、急性アルコール中毒の救急患者さんの入院が含まれていることが大きな要因です。なお、当院は小児科がないため、20歳未満の年齢層は低い割合となっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

◆各診療科別に症例数の多い入院について DPC コード、DPC 名称、症例数、当院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。なお、症例数が10未満の症例はDPC名称のみ記載しています。

◆DPC対象外症例(*1)は集計に含まれません。また、臓器移植も集計対象外となっています。

◆DPC名称「精神作用物質使用による精神および行動の障害」は、当院では急性アルコール中毒の患者さんを示しています。これは当院が歌舞伎町という繁華街に立地しており、入院を必要とする急性アルコール中毒の救急患者さんが少なくないことが大きな要因です。

◆全国の平均在院日数は厚生労働省の「DPC対象病院における診断群分類別平均在院日数(平成28年度) 」 の平均在院日数を示しております。

◆患者パス 「○」はクリティカルパス(クリニカルパス)(*2)を導入しています。

(*1)代表的なものとしては短期滞在手術等基本料が挙げられます。内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術、水晶体再建術・眼内レンズ挿入等が含まれます。

(*2)クリティカルパスとは、ある病気の検査や治療ごとにスケジュール表(パス表)を利用して、医療の内容を標準化したものです。治療時に患者さんにお渡ししています。

内科

DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 706 1.3 2.6 0.09 28.3
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎
050140xx99x00x 高血圧性疾患

内科では精神作用物質使用による精神および行動の障害の症例が最も多くなっていますが、これは当院が歌舞伎町という繁華街に立地しており、入院を必要とする急性アルコール中毒の救急患者さんが少なくないことが大きな要因です。

消化器内科

DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 22 3.9 5.5 0.0 34.4
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 19 12.9 11.7 0.0 65.0
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 15 7.3 7.4 0.0 62.5
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 13 14 14.3 0.0 60.9
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 12 3.5 7.2 8.3 74.7

消消化器内科では多数の内視鏡検査・治療、多種多様な肝疾患診療など消化器全般にわたり幅広く診療しています。

最も多い症例は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の80件ですが、短期滞在手術等基本料3となりDPC対象外のため表から除外しています。


呼吸器内科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 61 4.3 12.4 0.0 69.3
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 25 5.0 3.7 0.0 66.5
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 23 6.6 19.2 0.0 65.3
0400801499×002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 16 24.1 15.3 0.0 83.6
0400801299×000 肺炎等(市中肺炎かつ15歳以上65歳未満) 14 13.3 8.3 0.0 44.4

呼吸器内科では肺腫瘍、肺感染症、アレルギー・免疫疾患、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺疾患、睡眠時無呼吸など多岐にわたる疾患を診療しています。

最も多い症例は肺の悪性腫瘍で、次いで多い症例は肺炎等となっています。


循環器内科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 157 3.9 3.1 0.6 68.3
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 118 5.6 5.5 0.9 63.3
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 95 6.9 4.7 1.1 72.6
050130xx99000x 心不全 手術なし 69 24.6 18.0 11.6 79.0
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 47 5.0 7.8 0.0 70.2

循環器内科では狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、頻脈性不整脈など幅広い心疾患に対応しており、狭心症、慢性虚血性心疾患の症例が最も多くなっています。

次いで多い症例は頻脈性不整脈、経皮的カテーテル心筋焼灼術となっています。

内分泌内科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 25 15.8 14.6 0.0 61.6
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 10 10.8 11.5 0.0 68.9
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡
100070xx99x101 2型糖尿病 85歳以上
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍

内分泌内科では生活習慣病としての代謝疾患(糖尿病、高脂血症、高尿酸血症)や内分泌疾患(甲状腺、副腎等)などの診療を行っています。

2型糖尿病の症例が最も多くなっています。


神経内科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 15 24.6 18.7 0.0 76.4
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー
01021xxxxx0x0x 認知症
07034xxx99xxxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 手術なし

神経内科では脳神経外科・リハビリ科と連携して、脳卒中やパーキンソン病などの難病の診察を行っています。最も多い症例は脳梗塞で、次いでパーキンソン病の症例が多くなっています。


腎臓内科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 182 11.8 12.8 1.7 48.6
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 54 7.3 7.6 0.0 38.6
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 25 6.3 10.0 12.0 72.7
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 25 15.9 12.7 8.3 74.2
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 22 24.1 21.3 13.6 89.0

腎臓内科では腎臓病、腎機能障害をもつ患者さんを早期から腎不全、腎移植後まで総合的に診療しています。
最も多い症例は慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全となっており、次いで多い症例は手術・処置等の合併症となっていますが、
当院では他医療機関・施設からシャント不全等の患者さんを受け入れているため当該症例の件数が比較的多くなっています。

外科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 55 12.5 12.7 3.6 67.8
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 31 3.7 4.4 0.0 66.5
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 30 5.3 5.6 0.0 36.4
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 29 7.6 7.6 0.0 57.4
060035xx99x40x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 28 3.0 4.2 0.0 69.9

外科では総合的な外科診療に取り組み、各種消化器癌の外科的治療のほか、内分泌・乳腺外科手術、血管外科手術、
またヘルニアや虫垂炎、胆石症、痔核・痔瘻等肛門疾患など良性疾患の外科手術や、上部・下部消化管内視鏡による診断、手術を積極的に行っています。

最も多い症例は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の99件ですが、短期滞在手術等基本料3となりDPC対象外のため表から除外しています。
次いで多い症例は手術・処置等の合併症(内シャント又は外シャント設置術等)となっています。


整形外科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 111 8.8 11.9 0.0 34.1
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 24 51.6 27.7 25.0 80.6
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 20 4.3 3.1 0.0 71.8
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 19 21.2 18.0 0.0 68.9
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア 17 20.8 17.1 0.0 45.9

整形外科では四肢と脊椎の病気やけがの治療を行っています。
人工股・膝関節手術、脊椎手術、手の外科、足の外科を中心に骨折・外傷含め対応しています。
最も多い症例は肘・膝の外傷、腱縫合術で、次いで脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)(その他の手術あり含む)の症例が多くなっています。


脳神経外科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 17 26.7 16.5 11.8 67.1
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫 15 24.1 19.4 20.0 61.4
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)

脳神経外科では、脳、脊髄、末梢神経系およびその付属器官(血管、骨、筋肉など)を含めた神経系全般の疾患の中で主に外科的治療の対象となりうる疾患について診断・治療を行っています。
最も多い症例は脳梗塞で、次いで非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)の症例が多くなっています。

泌尿器科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 17 2.0 2.8 0.0 65.8
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 15 8.1 7.9 0.0 75.2
110420xx97xx0x 水腎症(その他) 14 2.3 5.3 0.0 71.9
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし

泌尿器科では尿路(腎臓、副腎、尿管、膀胱、尿道)および男性生殖器(前立腺、精巣)の疾患を扱っており、東京女子医科大学と協力して腹腔鏡手術などの低侵襲治療も積極的に行っています。

最も多い症例は前立腺針生検法の46件ですが、短期滞在手術等基本料3となりDPC対象外のため表から除外しています。

次いで多い症例は上部尿路疾患、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術となっています。

移植外科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
050130xx9702xx 心不全 その他の手術あり
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手

腎移植科では2009年度から開始した生体腎移植を年間約20件程度行っています。
最も多い症例は移植臓器および組織の不全および拒絶反応で59件ですが、臓器移植は集計対象外のため表から除外しています。


婦人科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 119 3.0 3.1 0.0 39.0
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 36 9.2 10.1 0.0 44.8
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 30 6.5 6.3 0.0 37.9
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。)開腹によるもの 26 9.0 10.4 0.0 45.1
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。)腹腔鏡によるもの等 22 6.3 6.4 0.0 40.7

婦人科では子宮、卵巣、卵管、膣などに起こる女性特有の疾病を専門に扱っており、低侵襲手術といわれる女性に優しくなるべく傷をつけずに行う腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術に特に力を入れています。


眼科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 11 2.6 2.5 0.0 81.5
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症

眼科では白内障、緑内障から糖尿病網膜症など眼科一般について診療を行い、手術治療を実施しています。
最も多い症例は水晶体再建術・眼内レンズ挿入の600件ですが、短期滞在手術等基本料3となりDPC対象外のため表から除外しています。
次いで多い症例は黄斑、後極変性となっています。


耳鼻咽喉科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 62 8.4 8.1 0.0 36.7
030400xx99xxxx 前庭機能障害 19 5.2 5.2 0.0 62.0
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 11 6.0 5.5 0.0 27.0
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎
030390xx99xxxx 顔面神経障害

耳鼻咽喉科では耳・鼻・のど・頸部の疾患を対象として診断・治療を行っています。
最も多い症例は扁桃、アデノイドの慢性疾患で、次いで前庭機能障害の症例が多くなっています。


リハビリテーション科


DPCコード ○○○○○○DPC名称○○○○○○ 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 10 63.1 11.2 10.0 74.5
010160xx99x00x パーキンソン病
160650xx99x0xx コンパートメント症候群
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
160980xx99x0xx 骨盤損傷

リハビリテーション科では運動機能障害などを対象として、医学的リハビリテーションを専門的に実施しています。最も多い症例は脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)となっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 7 5 3 6 2 1 7
大腸癌 4 19 43 76 13 63 1 7
乳癌 26 13 5 11 1 7
肺癌 8 46 39 22 6 1 7
肝癌 4 3 8 2 3 27 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

<集計方法と定義>
5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数をUICC病期分類別(*)、および初発・再発に分けて集計しています。平成28年度中に退院した実患者数となっており、集計対象期間中に複数回入院された患者さんも 1例としてカウントしています。

(*)UICC病期分類
国際対がん連合(UICC)によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。

<解説>
5大癌のうち、大腸癌の患者数が最も多く、次いで肺癌、乳癌となっています。大腸癌、肺癌では進行度の高い症例が多く、乳癌、胃癌では早期がんの症例が多くなっています。乳癌や胃癌では、近年は患者さん自ら人間ドックや検診を受けることにより早期発見されることも多く、身体的負担が少ない手術を受けることが可能です。大腸癌や肺癌では、進行度の高い症例も多く、大腸癌では再発の患者さんを多く診療しています。当院では、病期が進行している場合でも手術や化学療法、放射線治療など患者さんの状態に合わせた幅広い治療を実施しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 25 15.7 54.1
中等症 79 19.8 73.0
重症 29 26.8 82.5
超重症 12 35.7 89.3
不明

<集計方法と定義>
入院のきっかけとなった病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(*)の患者さんが対象となります。

成人の肺炎の指標のため、20歳未満の患者さんは除外しています。
成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システムを用いています。

・軽症:0点の場合。
・中等症:1~2点の場合。
・重症:3点の場合。
・超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば 1項目のみでも超重症とする。
・不明:重症度分類の各因子が 1 つでも不明な場合。

(*)市中肺炎

(*)市中肺炎
普段の社会生活の中で発症した肺炎のことです。(入院後発症の肺炎を除く)

<解説>
全体として、重症度が高くなるほど平均年齢が高くなる傾向があることがわかります。
なお、ご高齢の患者さんでは誤嚥性肺炎の患者さんが多くなっていますが、誤嚥性肺炎はこの指標に含まれないため総件数が少なくなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均
在院日数
平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作
及び関連症候群
3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における
脳の血管(性)症候群
3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 79 34.6 73.5 21.1
その他 16 36.8 73.9 6.3
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I675 もやもや病
<ウイリス動脈輪閉塞症>
3日以内
その他
I679 脳血管疾患,
詳細不明
3日以内
その他

<集計方法と定義>
「ICD10」とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。WHOによって公表された分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。疾病の種類がアルファベットと数字によるコードで表されます。
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞等の患者さんを対象として、ICD10別に集計しています。

<解説>
最も症例数の多いI63$(脳梗塞)では、約8割の患者さんが発症日から3日以内に治療を受けられています。当院では脳卒中の急性期診療機関として脳卒中センターを設置し、脳卒中ケアユニット(SCU)と脳卒中ユニット(SU)を備え、血栓溶解剤t-PAや血管内手術による脳梗塞治療や脳出血やくも膜下出血の外科治療が可能な体制を整えています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

◆診療科別に手術件数の多い上位5術式について、症例数、術前日数、術後日数、平均年齢、転院率、患者用クリティカルパス(*)の有・無を示しています。なお、症例数が10未満の術式は名称のみ記載しています。

◆手術術式の点数コード(K コード)による集計ですが、輸血関連(K920$)、創傷処理等軽微な手術は除外しています。また、臓器移植も集計対象外となっています。

◆術前日数は入院日から手術日までの日数の平均、術後日数は手術日から退院日までの日数の平均です。手術日当日は含まれません。

(*)クリティカルパスとは、ある病気の検査や治療ごとにスケジュール表(パス表)を利用して、医療の内容を標準化したものです。治療時に患者さんにお渡ししています。


消化器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 87 0.8 1.6 1.2 68.2
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 19 4.5 7.6 0.0 65.7
K654 内視鏡的消化管止血術 10 1.5 17.4 0.0 65.6
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)

消化器内科では、内視鏡治療について消化管出血の緊急止血術、食道静脈瘤の結紮術・硬化療法、総胆管結石の内視鏡的乳頭切開術・砕石術、悪性胆管狭窄のステント留置術、大腸ポリープ切除術(polypectomy、EMR)など多数行っております。
また消化管の早期癌については当院外科と連携し、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)による治療も可能です。
最も多い手術は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術となっています。


循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 104 3.2 4.2 0.0 72.5
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 68 1.4 2.8 2.9 65.7
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 58 2.4 4.4 0.0 61.2
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 23 2.1 4.9 8.7 73.7
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 18 2.1 9.8 0.0 78.9

循環器内科では狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患については心臓カテーテル等各種検査、経皮的冠動脈形成術(ステント留置)を行っています。

頻脈性不整脈に対しては薬物療法に加え、根治術としてカテーテル治療を行っています。最新の心臓3次元マッピングシステムを用いた高周波カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)、また平成28年3月より冷凍カテーテルアブレーションシステムを導入し、心房細動に対する治療を行っています。
最も多い手術は経皮的カテーテル心筋焼灼術となっており、次いで経皮的冠動脈ステント留置術が多くなっています。


腎臓内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 57 13.7 16.4 12.3 71.7
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 16 12.9 11.8 12.5 73.4
K614-7 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 12 9.1 8.9 16.7 73.8
K549-3 経皮的冠動脈ステント留置術(その他)
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術

腎臓内科では合併症透析患者の入院要請に対応し、院内連携と周辺透析関連施設との連携を密にしています。
透析に伴うシャントトラブルについて、血管外科と連携するとともに、長期カテーテル挿入術を行っており、最も多い手術は内シャント設置術となっています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 101 0.4 1.2 0.0 66.7
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 40 3.1 11.4 12.5 67.1
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 39 4.5 4.0 0.0 56.3
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 31 3.2 9.2 3.2 70.3
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 27 0.6 3.6 0.0 35.7

外科では総合的な外科診療に取り組み、各種消化器癌の外科的治療のほか、内分泌・乳腺外科手術、血管外科手術、またヘルニアや虫垂炎、胆石症、痔核・痔瘻等肛門疾患など良性疾患の外科手術や、上部・下部消化管内視鏡による診断、手術を積極的に行っています。

最も多い手術は内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術となっており、次いで血管移植術、バイパス移植術が多くなっています。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 62 1.1 8.2 0.0 32.0
K0821 人工関節置換術(股) 28 2.5 29.7 0.0 68.7
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 25 5.8 19.6 0.0 72.2
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 24 5.0 58.2 25.0 81.8
K069-3 関節鏡下半月板縫合術 23 1.0 5.3 0.0 35.6

整形外科では、人工股・膝関節手術では低侵襲の人工関節置換術を行っており、術後短期間のリハビリでの回復が可能となっています。
膝の半月板断裂・十字靱帯断裂の手術症例も多く、最新の機器を用いた鏡視下手術で行い早期の退院が可能となっています。
腰椎の手術でも筋肉の損傷を最小限にする術式を行っており、頸椎の手術も顕微鏡下に低侵襲手術を行っています。また、外傷の緊急手術、手・肘関節における関節鏡視下手術も行っています。
最も多い手術は間接鏡下靭帯断裂形成手術(十字靭帯)となっており、次いで人工関節置換術(肩、股、膝)が多くなっています。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による)
K1742 水頭症手術(シャント手術)
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)
K1781 脳血管内手術(1箇所)
K154-3 定位脳腫瘍生検術

脳神経外科では、特徴的な手術として脳血管狭窄や閉塞に対する血栓溶解療法・ステント術、脳動脈瘤コイル塞栓術などの血管内手術、脳出血やくも膜下出血に対する緊急手術対応、手術用ナビゲーションや術中脳血管撮影などを用いた安全な手術、痛みが少なく1泊2日の入院ですむ慢性硬膜下血腫手術等を行っています。

最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術となっており、次いで水頭症手術(シャント手術)が多くなっています。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 40 0.5 1.4 0.0 64.3
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 0.4 3.1 0.0 73.1
K8036 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 16 2.0 5.3 0.0 73.7
K8412 経尿道的前立腺手術(その他)
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術

泌尿器科では尿路(腎臓、副腎、尿管、膀胱、尿道)および男性生殖器(前立腺、精巣)の疾患を扱っており、東京女子医科大学と協力して腹腔鏡手術などの低侵襲治療も積極的に行っています。

最も多い手術は対外衝撃波腎・尿路結石破砕術で、次いで経尿道的尿管ステント留置術が多くなっています。

婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 119 1.0 1.0 0.0 39.1
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 86 1.1 1.0 0.0 43.0
K877 子宮全摘出術 43 1.1 7.3 0.0 48.2
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 36 1.0 4.5 0.0 37.0
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 26 1.0 4.6 0.0 41.1

婦人科では子宮、卵巣、卵管、膣などに起こる女性特有の疾病を専門に扱っており、低侵襲手術といわれる女性に優しくなるべく傷をつけずに行う腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術に特に力を入れています。

最も多い手術は子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術で、次いで子宮鏡下子宮筋腫摘出術が多くなっています。


眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 600 0.0 1.0 0.0 74.7
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)
K2171 眼瞼内反症手術(縫合法)
K224 翼状片手術(弁の移植を要する)
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法)

眼科では白内障、緑内障から糖尿病網膜症など眼科一般について診療を行い、手術治療を実施しています。
最も多い手術は水晶体再建術(眼内レンズ挿入)となっており、次いで、硝子体茎顕微鏡下離断術が多くなっています。

耳鼻咽喉科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 63 1.1 6.7 0.0 36.3
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
K331 鼻腔粘膜焼灼術
K347-3 内視鏡下鼻中隔手術1型(骨、軟骨手術)
K3892 喉頭・声帯ポリープ切除術(直接喉頭鏡又はファイバースコープによるもの)

耳鼻咽喉科では扁桃摘出術、鼻茸切除術、内視鏡下鼻副鼻腔根本術、顕微鏡下喉頭微細手術、頸部手術などを行っています。
腫瘍性疾患・悪性疾患に対しては、放射線治療や専門医へのご紹介を行っています。
最も多い手術は口蓋扁桃手術(摘出)となっており、次いで内視鏡下鼻・副鼻腔手術が多くなっています。

DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 37 0.56
異なる 20 0.31
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 153 2.34
異なる

<集計方法と定義>
◆当院で取り扱っている重篤な疾患のDIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、その他の真菌症の症例数を集計しています。
◆医療資源を最も投入した病名と入院の契機となった病名が同一の場合と異なる場合(*)とで件数を集計しています。

(*)入院中は、複数の病気に対してそれぞれ治療を行う場合があります。病名が同一とは、表中の病気がきっかけで入院して、その治療に最も医療資源が投入されたことを表します。一方、病名が異なるとは、別の病気がきっかけで入院したが、表中の病気を併発していた、もしくは入院中に発症し、最も医療資源が投入されたのが表中の病気であったことを表します。

<解説>
手術・処置等の合併症で「同一」欄の153件中149件は、透析患者さんがシャント不全(人工透析用に動脈と静脈をつないだ血管が長期間の使用や圧迫等により狭窄や塞栓を起こしてしまい、十分な透析ができなくなってしまうこと)の治療のため当院に入院した件数です。当院では他医療機関・施設からシャント不全等の患者さんを受け入れているため当該症例の件数が比較的多くなっています。

更新履歴

 

2016年9月30日掲載

 

2017年9月29日掲載

 

  • 医療連携のご案内
  • 話題の治療・病気
  • 患者様満足度アンケート
  • 院内ボランティア
  • 大久保病院だより
ページのTOPへ