トップページ > 呼吸器内科

呼吸器内科

概要・特色

呼吸器内科は、「息切れがする」「ぜいぜいする」「咳が止まらない」「痰が多い」「血痰が出る」などの症状がある場合、もしくは、胸部レントゲン検査で異常を指摘された場合に受診していただく診療科です。対象疾患は、肺腫瘍、肺感染症、アレルギー・免疫疾患、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺疾患、睡眠時無呼吸など多岐にわたります。当科では、呼吸機能検査(肺年齢診断)、胸部CT(CTガイド下肺生検)、気管支鏡検査(超音波気管支鏡、気管支肺胞洗浄)、睡眠ポリグラフ検査などの専門的呼吸器系検査の施行が可能です。検査内容、治療方針については常に、患者さんの意思を最大限に尊重するよう心がけており、ご本人、ご家族と相談しながら診療を進めさせていただきます。

対象疾患と診療内容

◇対象疾患

呼吸器感染症(かぜ症候群、急性気管支炎、肺炎、誤嚥性肺炎、肺化膿症、肺結核後遺症等)、慢性閉塞性肺疾患 (肺気腫、慢性気管支炎)、アレルギー・免疫疾患(気管支喘息、好酸球関連肺疾患、サルコイドーシス等)、間質性肺疾患(肺線維症、薬剤性肺炎、過敏性肺臓炎等)、肺腫瘍(原発性肺がん、悪性胸膜中皮腫等)、慢性気道炎症(気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎等)、胸膜疾患(胸水、気胸等)慢性呼吸不全(在宅酸素療法等)、睡眠時無呼吸症候群、慢性咳嗽等。

◇診療内容

胸部異常陰影・肺癌
気管支鏡を用いた組織診断、CT、MRI、核医学検査による病期決定を行い、手術不能例に対しては、化学療法、放射線療法を用いた集学的治療を行っております。末期癌に対しては積極的に疼痛緩和療法を行い、QOLの改善をはかっています。

気管支喘息
外来ではガイドラインに則した長期管理と喘息教育を行っております。ピークフローメーターと喘息日誌の導入により、発作による入院機会は減少してきています。発作時には随時、救急対応を行っております。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)
自宅での簡易無呼吸検査、1泊2日の短期入院による睡眠ポリグラフ検査(PSG)が可能です。治療適応例(無呼吸指数20以上)には鼻式持続陽圧呼吸療法(CPAP)の導入・管理を行っています。症例数は年々増加し現在、100症例以上のCPAP管理を行っております。

COPD
呼吸機能検査による病期診断と肺年齢チェックが可能です。呼吸不全例には、呼吸リハビリテーション、栄養療法を行い、必要例には在宅酸素療法(HOT)を導入できます。また急性増悪時には非侵襲的人工呼吸(NPPV)を用いた呼吸管理を行っています。

喀血
詳しくは、こちらをクリックしてご覧下さい。

医師紹介

医長
中田 潤子
所属学会 日本呼吸器学会、日本アレルギー学会、
日本内科学会、日本感染症学会、
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、
日本医学教育学会
資格等 日本アレルギー学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
日本補完代替医療学会認定学識医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会代議員
呼吸ケア指導士
専門分野 呼吸器内科全般
特に呼吸リハビリテーション
医員
杉田 知妹
資格等 インフェクションコントロールドクター
専門分野 呼吸器内科
医員
志々目 修
所属学会
資格等
専門分野 呼吸器内科全般
医員(非常勤)
武山 廉
所属学会 日本呼吸器学会、日本内科学会、
日本肺癌学会、日本結核学会、
米国胸部疾患学会(ATS)
資格等 呼吸器学会専門医・指導医
内科学会認定医・総合内科専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
専門分野 呼吸器内科全般、アレルギー性呼吸器疾患
とくに気道分泌の病態生理
ページのTOPへ