トップページ > 内分泌代謝内科

内分泌代謝内科

概要・特色

生活習慣病としての代謝疾患(糖尿病、高脂血症、高尿酸血症)や内分泌疾患(甲状腺、副腎等)などの診療を行います。糖尿病教育入院では、「参加された方々と医療スタッフとの対話」を大切にし、参加された方々が糖尿病とじっくり向き合い、生活習慣を改善するチャンスになるように、プログラムを組んでいます。医師、糖尿病療養指導士資格を持った看護師、栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、歯科衛生士による糖尿病全般、食事、運動、体調管理、フットケアについての情報提供・話し合いを実施しています。教育入院中は、隣のハイジアにあるウェルネスエイジのジムで運動も可能です。血糖値、体重の改善はもとより、疲労感や気分の改善も得られています。

対象疾患と診療内容

糖尿病、脂質異常症、肥満症、甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎)、骨粗鬆症、副甲状腺疾患(原発性副甲状腺機能亢進症、特発性副甲状腺機能低下症)、副腎疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、副腎不全、褐色細胞腫)、視床下部・下垂体疾患(先端巨大症、プロラクチノーマ、クッシング病等)

医師紹介

医長

足立 淳一郎

資格等 日本内科学会内科認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医
専門分野 糖尿病、内分泌、内科学一般

医員(非常勤)

牧 千里

資格等 日本内科学会内科認定医
日本糖尿病学会専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
専門分野 糖尿病、内分泌
ページのTOPへ