トップページ > 消化器内科

消化器内科

概要・特色

当院消化器内科は副院長他常勤医師4名で外来および入院診療にあたっております。どの医師も消化器内科全般について診療が可能ですが、梅澤が上部消化管、篠﨑が下部消化管、林・鈴木が肝臓とそれぞれ専門分野を持っておりますので、予約を取る際に依頼内容をお伝えいただければ更に専門性の高い外来を御案内することも可能です。
内視鏡検査については上部・下部とも毎日行っており、全員が消化器内視鏡専門医で経験が豊富です。苦しくない検査を心がけ、苦手な方には静脈麻酔(ドルミカム)を積極的に導入しております。
内視鏡治療については消化管出血の緊急止血術、食道静脈瘤の結紮術・硬化療法、総胆管結石の内視鏡的乳頭切開術・砕石術、悪性胆管狭窄のステント留置術、大腸ポリープ切除術(polypectomy、EMR)など多数行っております。また消化管の早期癌については当院外科と連携し、ESDによる治療も可能です。
当院では開院当初から腹部超音波検査に力を入れてきた経緯があり、毎日、医師主導のもと、超音波検査士と検査にあたっております。常に依頼医のニーズを考慮し、臨床の場に即フィードバックできる検査を心がけております。
当院の特徴の一つに多種多様な肝疾患診療も挙げられます。
近年当院ではB型急性肝炎の患者さんが多く、適切な治療及び指導を行うことで蔓延防止に取り組んでおります。B型慢性肝炎については核酸アナログ製剤の内服を積極的に行い発癌予防に取り組んでおります。また、若年性のB型慢性肝炎についてはセロコンバージョンやHBs陰性化を目指して積極的にインターフェロン治療も行っております。
C型慢性肝炎についてはインターフェロンフリー治療の出現により治療選択肢が増えました。患者の病状に合わせて適切な時期に適切な治療を行うことを心がけ、数多くのインターフェロンフリーおよびインターフェロン治療を行っております。
肝癌については、手術不能例を中心に経皮的ラジオ波焼灼療法、経カテーテル的肝動脈塞栓療法(TACE)を行っております。特にTACEはIVR(血管内治療)専門の当院放射線科医と協力し、治療困難例についても可能な限り治療を行っております。
これ以外にもH.pyloriの除菌やNASHなど昨今話題の疾患を含め消化器全般にわたり幅広く診療しております。何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

対象疾患と診療内容

肝炎、肝硬変、肝癌、転移性肝癌、食道炎、食道癌、食道静脈瘤、胃炎、胃潰瘍、胃癌、十二指腸潰瘍、大腸ポリープ、大腸癌、潰瘍性大腸炎、クローン病、小腸疾患、胆石、胆管結石、胆のう炎、胆管炎、胆のう癌、胆管癌、自己免疫性膵炎、急・慢性膵炎、膵石、膵癌、閉塞性黄疸など

・内視鏡検査のご案内

医師紹介

院長
林 星舟
資格等 日本内科学会認定内科医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医・支部会評議員
日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医・評議員
日本肝臓学会認定肝臓専門医・指導医・東部会評議員
日本門脈圧亢進症学会評議員
日本がん治療暫定教育医
専門分野 肝臓病学、特に食道静脈瘤の診断と治療、門脈血行動態の解析と治療
医長
梅澤 正美
資格等 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医
専門分野 消化器内科
医長
鈴木 智彦
資格等 日本内科学会認定内科医・指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、医学博士、日本DMAT
専門分野 消化器内科一般、特に肝疾患
医員
篠崎 幸子
資格等 日本消化器内視鏡学会専門医
専門分野 消化器内科全般
医員
門前 正憲
資格等
専門分野
医員(非常勤)
窪田 剛実
資格等
専門分野
ページのTOPへ