トップページ > 薬剤科

薬剤科

業務内容

  1. 調剤業務
  2. 注射調剤業務(栄養輸液製剤や抗がん剤の無菌調製を含む)
  3. 病棟薬剤業務
  4. 医薬品情報(DI)に関する業務
  5. 医薬品管理業務
  6. 製剤業務
  7. 治験・製造販売後調査に関する業務
  8. 医薬品安全管理業務
  9. チーム医療、教育研修等の業務
  10. 地区薬剤師会との連携

特徴

  1. 電子カルテと連動した調剤支援システムを活用し、重複投薬、併用薬剤のチェック等を行い、適切な調剤及び薬歴管理を実施しています。
  2. 注射調剤では、①24時間注射処方せんによる病棟への払い出し、②抗がん剤レジメン確認の徹底と無菌調製、③栄養輸液製剤の無菌調製など、患者さんの病態に応じた対応を行っています。
  3. 病棟毎に薬剤師を配置し、持参薬管理、患者指導、副作用防止などの総合的な薬学的管理を実施し、医師、看護師等との連携を強化しています。
  4. 薬に関する様々な情報を収集管理し、医師・看護師等の医療スタッフに情報を提供し、安全で効果的な薬物治療を支援しています。
  5. 薬の購入、供給、在庫管理等を行い、薬の品質や経済面も考慮しています。
  6. 倫理性、安全性に配慮しながら、治療上必要であるにもかかわらず、市販されていない薬を製剤しています。
  7. 新薬の有効性や安全性を検証し、承認データを調査する「治験」や「製造販売後調査」などに取り組んでいます。
  8. 医薬品適正使用を推進し、医療事故防止並びに医療安全に貢献しています。
  9. 「栄養サポートチーム(NST)」「感染制御チーム(ICT)」などに参画しています。また、6年制薬学生の実務実習の指導も行っています。
  10. 平成27年度より新宿区薬剤師会の無菌調製技能取得研修(注射薬・点滴薬の調製等)に関する実習を支援しています。昨年は杉並区薬剤師会とも実施しました。
ページのTOPへ