トップページ > 医療連携のご案内

医療連携のご案内

地域医療連携のしくみ

地域医療連携のしくみ

地域医療連携とは、地域の医療機関が自らの施設の実情や地域の医療状況に応じて、医療機能の分担と専門化を進め、診療所と診療所、診療所と病院、あるいは、病院と病院が相互に円滑な連携を図り、その有する機能を有効に活用することにより、住民が地域で継続性のある適切な医療を受けられるようにするものです。
大久保病院は、区西部二次保健医療圏(新宿区、中野区、杉並区)における中核病院として、当該医療圏をはじめ近隣の練馬区、豊島区、渋谷区、世田谷区、文京区等の医療機関との間で機能の分担と連携を図りながら、地域住民の方々に適切な医療を提供するため、地域医療連携システムを推進しています。

地域医療機関からの紹介予約制

外来診療は原則として、地域の医療機関から紹介された患者さんを予約診療いたします。当院では、地域の医療機関では対応し難い検査・手術・治療を中心に、患者さんの症状にあった医療を提供します。
地域の医療機関で診療を受けられた患者さんが、病院での診療が必要であると判断された場合、医師または患者さんご本人から、電話で病院に予約をし、医師からの紹介状をもって来院していただきます。
紹介患者さんの来院後、「来院報告」を、紹介元の先生へお送りします。

地域医療機関への返送・逆紹介

紹介された患者さんの病状が安定し、当院で引き続き診療を受ける必要のない状態まで回復した時は、患者さんの紹介元の医療機関にお返しし、その後の診療を受けていただくことになります。
また、救急の場合や「かかりつけ医」を持たない患者さんの場合は、診断確定後にその病状に応じて地域の適切な医療機関に逆紹介します。
患者さんを返送・逆紹介するときは、継続性・一貫性のある診療が可能になるように診療内容を綿密に報告します。

研修の実施

医療連携講演会を年に10回ほど開催し、医師の方だけでなく医療スタッフの方にも参加していただいています。演題については、地域の先生方からのご要望をお聞きし、タイムリーな内容で、院内の医師が講演しております。

高度検査機器等の共同利用

医療機器の共同利用は、地域医療機関の先生方が診療中の患者さんのうち、検査のみを必要とする患者さんをご紹介いただき、当院で検査と診断を行い、その結果をご依頼された医療機関にご報告するシステムです。

<お問い合わせ先>
大久保病院 地域医療連携室 地域連携係

電話番号 03-5273-7711(代表) 内線2131・2103
FAX番号 03-5273-7749(地域医療連携室)

ページのTOPへ