グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院紹介 >  個人情報の保護と取り扱い

個人情報の保護と取り扱い


2005(平成17)年4月から「個人情報の保護に関する法律」(個人情報保護法)が本格施行となり、当院においても個人情報の保護に配慮した体制を整備しました。

個人情報保護に関する考え方や方針の策定と公表

「個人の人格尊重の理念の下に個人情報を取り扱うこと」や「関係法令及び厚生労働省作成のガイドライン等を遵守すること」などを盛り込んだ方針。

個人情報の利用目的の公表

個人情報の目的外利用や第三者提供の場合には、原則として本人の同意を得ることとされています。当院では、患者さんに適切な医療サービスを提供する目的のために、通常必要と考えられる個人情報の利用範囲を院内掲示により明らかにし、患者さんから特段明確な反対・留保の意思表示がない場合には、これらの範囲内での個人情報の利用について同意が得られているものとして対応しています。ぜひともご理解をお願いいたします。

個人情報の開示

患者さん本人や未成年者または成年被後見人の法定代理人により、当院が保有する患者さんの情報の開示を求めることができます。なお、開示については、種類・枚数に応じて手数料をいただいています。

相談・苦情窓口の設置

患者さんからの苦情や相談に対応するため、主治医等の担当スタッフ以外の職員による相談体制の確保と窓口を設置して、患者さんが相談を行ないやすい環境作りに努めています。(1階医事課内)

入院・通院患者さんに関するお問い合わせについて

当院では患者さんの個人情報保護のため、患者さんの入院・通院についてのお問い合わせ等につきましては、お答えしておりませんのでご了承ください。
患者さんの病状、入院されているかなどにつきましては、患者さんご本人、もしくはご家族へ直接お問い合わせください。

匿名加工情報の作成及び第三者提供について

第三者(メディカルデータビジョン等)に渡すことを目的とし、患者データを加工して作成するDPCデータは、匿名加工情報にあたることから、情報の項目を公表する必要があります。

ページの先頭へ戻る