グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院紹介 >  ガイドライン >  倫理委員会

倫理委員会



議事録

承認された臨床研究

  • 2020-18 手指の血行障害性疼痛に対して腕神経叢ブロックが有用であった1例
  • 2020-16 COVID対応のいろいろ」東京都の対応による当院の病棟編成・シフト変更―腎移植中止⇒COVID対応⇒腎移植再開の流れー
  • 2020-14 アベマシクリブ関連薬剤性肺障害のネステッドケースコントロール研究(一次調査)
  • 2020-13 静脈血栓塞栓症の発生率と短期アウトカムに関する前向き疫学的調査
  • 2020-12 深部静脈血栓症における抗凝固療法の初期強化療法の有無による血栓後症候群予防効果の追跡比較
  • 2020-09 ファビピラビルにて治療後も長期間PCR陽性が持続した高齢透析患者の2症例
  • 2020-07 当院の外来がん化学療法における連携充実加算の取り組みについて
  • 2020-03 ファビピラビル等の抗ウイルス薬が投与されたCOVID-19患者の背景因子と治療効果の検討(後ろ向き観察研究)

  • 2020-02 前十字靭帯再建術(ACLR)術後の血腫、浮腫、炎症に対する柴苓湯の効果
  • 2019-24 IgA腎症の患者さんは運動をすると予後が良くなるか
  • 2019-23 C型肝炎の症例集積研究
  • 2019-15 患者支援センター業務の充実及びサービス向上に向けたアンケート
  • 2019-13 レセプト及びDPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する研究
  • 2019-12 当院における吸入指導統一化への取り組み その5―地域薬局との連携・お薬手帳の活用―
  • 2019-06 日本人工関節登録制度
  • 2019-04 内科系医療技術負荷度調査
  • 2018-13 腎移植後患者の病状・治療に関する観察研究(前向き観察研究)JACK-II
  • 2018-10 当院における吸入指導統-化への取り組み その4-<新宿区・中野区・杉並区> 地区薬剤師会との連携-
  • 2017-15 術前CD19陽性B細胞が生体腎移植後の移植成績に与える影響について
  • 2017-12 当院における吸入指導統-化への取り組み その3-地域薬局との連携・現状と課題―
  • 2017-11 薬剤変更に伴う骨塩量と腎機能の変化に関する検討
  • 2017-10 婦人科手術における麻酔法の比較:プロポフォール/レミフェンタニルTIVAとデスフルラン/レミフェンタニル麻酔のランダム化比較試験
  • 2017-06 深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症の治療及び再発抑制に対するリバーロキサバンの有効性及び安全性に関する登録観察研究
  • 2017-02 腎移植後早期に発生した血栓性微小血管症(TMA: thrombotic microangiopathy)患者を対象とした多施設共同後方視的要因解析研究
  • 2016-18 生体腎移植におけるリツキシマブ投与群と非投与群の比較検討
  • 2016-17 IDPNにおける脂肪乳剤投与に関する調査(IDPN:経静脈栄養補充療法)
  • 2016-16 当院における大腸がん患者の術前から終末期までの栄養管理に関する調査(後方視的観察研究)
  • 2016-14 生体腎移植術の麻酔管理における全静脈麻酔(TIVA)とデスフルラン(Des)の比較
  • 2016-11 国内外の先天性および後天性の血友病を含む出血性疾患の調査研究
  • 2016-10 非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)の診断・全国調査研究
  • 2016-08 乳酸透析液の腹膜透析患者の腹膜に及ぼす影響
  • 2016-05 透析患者における無症候性心筋虚血のスクリーニング
  • 2015-01 抹消動脈疾患治療に関する多施設前向き観察研究
  • 2014-06 低管電圧CT撮影における画質評価
  • 2013-07 脳梗塞再発高リスク患者を対象とした抗血小板薬併用療法の有効性及び安全性の検討CSPS.com(Cilostazol Stroke Prevention Study.Combination)

臨床研究に関する情報の公開について(オプトアウト)

通常、臨床研究を実施する際には、文書若しくは口頭で十分な説明を行い、患者さんの同意を得ることが必要とされています。但し、患者さんへの侵襲や介入もなく過去の診療情報のみを用いて実施される臨床研究等については、国が定めた指針に基づき「対象となる患者さんお一人ずつから直接同意を得ることを必要としない」場合があります。しかしながらこの場合においても、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされています。このような手法を「オプトアウト」と言います。
当院において現在施行されているオプトアウトを用いた臨床研究は上記に掲載されている中で、説明文へリンクされているものが対象となります。研究への協力をご希望されない場合は。文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

個人情報の取り扱いについて

利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は除外しています。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る