グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院紹介 >  ガイドライン >  臨床における倫理方針

臨床における倫理方針


大久保病院における医療及び臨床研究等は、「ヘルシンキ宣言」(世界医師会)等を踏まえ、次に掲げる事項を基本方針とします。

大久保病院における医療及び臨床研究の基本方針

1)患者さんの人権を守ります。

  1. インフォームド・コンセントを徹底します。
  2. 個人情報を保護します。
  3. 患者さんの立場に立ち、良好な信頼関係を築きます。

2)患者さんの医療参加を推進します。

  1. 医療は、患者さんと医療従事者との相互協力により行われることを説明し、患者さんの医療に対する主体的な参加を促します。
  2. 治療方針の選択にあたっては、セカンドオピニオンを含め医療従事者との相互理解により患者さんの意思を尊重し決定します。

3)以下に掲げる、生命倫理に関する診療ガイドライン及び当院規定の実施手順を遵守し、適切な医療を行います。

  • 「臓器の移植に関する法律の運用に関する指針(ガイドライン)」
  • 「人工妊娠中絶に関わる母体保護法」
  • 大久保病院における「終末期医療方針決定に関する指針」
  • 「身体抑制基準」 など

4)以下に掲げる、医療の進歩に必要な臨床研究に関する指針等を遵守し、適切な臨床研究を行います。

  • 「人を対象とする医学系研究に関する倫理方針」(平成26年文部科学省・厚生労働省告知第3号)
  • 「大久保病院倫理委員会審査実施要綱」
  • 「大久保病院倫理委員会設置運営要綱」
  • 「大久保病院治験審査委員会設置要綱」
  • 「大久保病院受託研究審査委員会設置要綱」
  • 「大久保病院研究研修委員会要綱」 など
公益財団法人東京都保健医療公社大久保病院  平成28年1月制定

ページの先頭へ戻る