グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  麻酔科

麻酔科



診療科の特色

当院は日本麻酔科学会の麻酔科認定病院に認定されており、麻酔科専門医を含む常勤麻酔科医3名と非常勤医師数名が局所麻酔以外の手術の麻酔管理を担当しています。患者さんひとりひとりのライフスタイルやQuality of lifeを考慮した安全かつ快適な麻酔管理を心掛けています。 

診療内容

大久保病院では、麻酔科医師が専門に麻酔の処置及び手術中の麻酔管理を行っています。現在では、新しい麻酔薬の開発や患者さんの状態を監視するモニター機器、麻酔装置等の性能向上により、麻酔の安全性は非常に高まっています。
麻酔の実施にあたっては、事前に周術期外来や術前診察をとおして患者さんに麻酔のことを御理解いただけるよう努めています。その上で、患者さんには手術同意書と同じように、麻酔同意書に御署名を頂いています。未成年の方や署名が困難な患者さんには、保護者の方に御署名をお願いしています。
なお、わかりにくいことや御不明な点がございましたら、担当の麻酔科医にどうぞ御遠慮なくお尋ねください。 

大久保病院麻酔科は、主な業務として手術患者さんの手術麻酔管理と周術期外来、入院患者さんを対象とした疼痛治療を行っています。

手術麻酔管理

  • 麻酔科医の仕事は手術中の麻酔だけではありません。麻酔科医はその知識と技術を駆使することで、手術中の安全管理という大切な役割はもとより、術後の鎮痛や早期回復にも寄与することを視野にいれて、麻酔管理を行います。

  • 手術の麻酔方法は、手術内容や患者さんの全身状態等にあわせて、全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔、神経ブロックといった方法を選択します。

  • 御高齢の方や重症な合併症をお持ちの患者さんでも、安全かつ安心して手術を受けられるよう、各科連携体制で行っています。

  • 術後は、鎮痛状態の評価と合併症の早期発見のために、術後診察を行います。患者さんの早期離床・退院に向けて、その障害となるような麻酔に関連した症状がないかを評価します。

  • 小児科、産科がないため、学童以下のお子さんと妊産婦の手術と麻酔は原則として行っていません。

周術期外来

患者さんの全身状態を的確に把握し、十分なインフォームドコンセントを行うために、周術期外来を行っています。麻酔についての心配や不安などがありましたら何でもお尋ねください。安心して手術を乗り越えられるよう、努めていきたいと考えています。

疼痛治療

当院に入院中の患者さんのみを対象としています。

診療実績

平成30年度 平成29年度 平成28年度
麻酔科管理件数 1,225件 1,287件 1,225件
緊急手術麻酔件数 76件 73件 89件

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 資格 一言
芦刈 英理 部長 手術麻酔
  • 医学博士
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会専門医 指導医
山縣 克之 医長 手術麻酔
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会専門医・指導医
  • 日本ペインクリニック学会専門医
  • 日本老年麻酔学会認定医
  • 日本温泉気候物理医学会温泉療法医
  • 介護支援専門員登録
より質の高い医療を提供できるよう、日々、自己研鑽に努めています。
後藤 俊作 医員 手術麻酔
  • 麻酔科標榜医
  • 日本区域麻酔検定試験(J-RACE)取得
安全かつ快適な麻酔を心掛けています。
廣瀨 彩名 医員 手術麻酔
  • 麻酔科標榜医
不安なことがあれば、いつでもお声をおかけください。

学会発表・論文・著書

原著論文-和文

山縣克之、澤村実紀、小森万希子、尾崎眞
視覚アナログスケールに基づいた慢性痛患者のQOL障害の評価 -横断研究-
日本ペインクリニック学会誌24(1),17-26頁,2017年

口頭・ポスター発表-国際学会・研究会

Yusuke Kasuya, Shunsaku Goto, Chiara Sonnino, Keisuke Nakazawa, Shota Moriwaki, KatsunoriIkari, Koichiro Yano, Makoto Ozaki Advantage of peripheral nerve blocks in early postoperative rehabilitation in rheumatoid forefoot surgery ASRA’s 43rdAnnual Regional Anesthesiology & Acute Pain Medicine Meeting New York City, USA, April, 2018

口頭・ポスター発表-国内学会・研究会

  • 不破礼美、畔柳綾、鯨井一正、大澤由佳、山縣克之、濱田啓子、椎名恭子、岩出宗代、樋口秀行、尾崎眞、豊川秀樹
    胸椎神経根嚢胞による胸部痛に対して神経ブロックが著効した1症例
    日本ペインクリニック学会第51回大会、岐阜、7月、2017年

  • 不破礼美、畔柳綾、鯨井一正、大橋麻実、豊川秀樹、山縣克之、尾崎眞
    血小板減少症の患者に対しルストロンボパグを投与し、上下腹神経叢ブロックが施行できた1例
    日本ペインクリニック学会第51回大会、岐阜、7月、2017年

  • 古井郁恵、岩出宗代、山縣克之、畔柳綾、駒山徳明、尾崎恭子、高山敬子、渡邊直美、松尾あゆみ、川辺桂太郎
    当院のがん疼痛緩和におけるヒドロモルフォンの使用経験
    日本ペインクリニック学会第52回大会、東京、7月、2018年

  • 後藤俊作、福島里沙、高木俊一、野村実、尾崎眞。当院における腎移植後帝王切開の麻酔管理の検討
    日本臨床麻酔学会第38回大会、福岡、11月、2018年

  • 後藤俊作、糟谷祐輔、野村実、尾崎眞
    リウマチ患者の足関節手術に対する麻酔法の選択は術後疼痛及びリハビリテーションに大きく影響する:412症例の後方視的観察研究
    日本麻酔科学会第66回学術集会、神戸、5月、2019年

  • 長谷川晴子、畔柳綾、廣瀬彩名、廣岡慧子、樋口秀行
    帯状疱疹後神経痛患者における治療効果に影響する因子の後方視的検討.
    日本ペインクリニック学会第53回大会. 熊本、7月、2019.

  • 廣瀬彩名、奥山佳子、梁木理史、野村実、尾崎眞
    BGMが術中コミュニケーションと手術時間に及ぼす効果の検討.
    日本臨床麻酔学会第37回大会. 東京、9月、2017.

  • 廣瀬彩名、虻川有香子、長谷川晴子、深田智子、広木公一、尾崎眞。硬膜切開時に高度徐脈になった3症例.
    日本麻酔科学会関東甲信越・東京支部合同学術集会. 東京、9月、2017.

外来医師担当表

ページの先頭へ戻る