グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  栄養科

栄養科


入院中の食事

栄養科では、治療食の提供と、入院・外来患者さんの栄養食事指導を行っています。また、入院患者さんの栄養状態を評価して栄養管理計画を作成し、多職種と連携して栄養管理を行っています。

入院中のお食事

  • 入院患者さん一人ひとりの病状に合わせた治療食を提供しています。
  • 患者さんの嗜好に配慮し、衛生的でおいしい食事づくりに努めています。
  • お食事の時間は、朝食7時45分、昼食12時、夕食18時です。
  • 保温保冷配膳車を使用して、適温で提供しています。
  • 朝食は、主食がご飯の和風メニュ-か主食がパンの洋風メニュ-のいずれかを、選択することができます。
  • 夕食は週3回、選択メニュ-を行っています。主菜を2種類用意し、お好きな方を選んでいただけます。(ただし、対象外となる治療食もあります)
  • ひなまつりやクリスマスなど、季節の行事にあわせたお楽しみ食をメッセージカードを添えてお届けしています。
  • 食物アレルギーや宗教上の禁忌食品がある患者さんには、個別に対応しています。ハラール認定を受けた食品の取り扱いはございませんので、ご了承下さい。

栄養食事指導

食事療法が必要な患者さんを対象に、医師の指示に基づき、管理栄養士が栄養食事指導を実施しています。
ご希望の方は、主治医にお申し出ください(予約制)。
個別指導 月曜日から金曜日の午前・午後
集団指導
  • 糖尿病教育入院
  • 減塩教室

腎臓病の食事~Let’s try!!食事療法

腎臓病の食事についてお困りの方へ、食事療法のご説明や、当院の腎臓病食についてご紹介しています。
ぜひこちらをご覧ください。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

臨床栄養管理(栄養サポートチーム(NST)活動)

  • 入院患者さんの栄養状態を定期的に確認し、褥瘡や低栄養状態等の患者さんについては、定期的に医療チームの回診と栄養評価及び栄養サポートを行っています。
  • 食事がうまくとれない患者さんの栄養状態を改善するために、栄養サポートチームが患者さん一人ひとりに適した栄養方法を検討しています。

ページの先頭へ戻る