グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  内分泌代謝内科

内分泌代謝内科



診療科の特色

生活習慣病としての代謝疾患(糖尿病、高脂血症、高尿酸血症)や内分泌疾患(甲状腺、副腎等)などの診療を行います。糖尿病教育入院では、「参加された方々と医療スタッフとの対話」を大切にし、参加された方々が糖尿病とじっくり向き合い、生活習慣を改善するチャンスになるように、プログラムを組んでいます。

診療内容

  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 肥満症
  • 甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎)
  • 骨粗鬆症
  • 副甲状腺疾患(原発性副甲状腺機能亢進症、特発性副甲状腺機能低下症)
  • 副腎疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、副腎不全、褐色細胞腫)
  • 視床下部・下垂体疾患(先端巨大症、プロラクチノーマ、クッシング病等)

診療実績

外来再診数
2型糖尿病 約800例
1型糖尿病 約15例
甲状腺疾患 約80例
その他の内分泌疾患 約15例

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 資格 一言
竹内 崇人 医員
  • 糖尿病
  • 内分泌代謝科
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会専門医 指導医
牧 千里 公社医員
  • 糖尿病
  • 内分泌代謝科
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会専門医・指導医
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
丁寧な診療を心がけています。

外来医師担当表

ページの先頭へ戻る