グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  婦人科

婦人科



診療科の特色

産科施設がありませんので妊婦健診や分娩、妊娠にかかわる病気などは取扱いできません。しかしそういった環境を生かして婦人科の病状に悩まれる患者さまたちにゆったりとした気分で受診していただける診療スペースを提供していけるように努力しています。
わたくしどもでは低侵襲治療といわれる女性に優しくなるべく傷をつけずに行う腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術、子宮動脈塞栓術UAEに特に力を入れています。こうした低侵襲治療には適応の限界もあり、すべての方に可能なわけではありませんが、患者さまにとってなるべく優しい治療の選択は何かを患者さまとご一緒に検討することを心がけるようにしています。

診療内容

腫瘍
卵巣腫瘍などの良性疾患を中心に、子宮がんや卵巣がんなどの診療もご相談させていただいています。
感染症
性行為感染症を含む内性器および外性器炎症など。
月経異常
月経不順、月経過多、月経痛、不正出血など。
低用量ピルやレボノルゲストレル放出子宮内システム(LNG-IUS)=ミレーナなどの治療につきましても保険診療で対応しています。
不妊症
体外受精や高度不妊治療などを必要とする場合は専門医をご紹介いたします。
避妊相談
その他

※ 子宮鏡外来を火曜日午後に開設しており、子宮内腔の病変検索や手術適応について積極的に診療を行っています。

大久保病院において子宮鏡下手術をご検討のため受診される患者さまへ

紹介状をご準備ください。画像等お持ちの方は一緒にご持参ください。
以下、簡単に受診から手術までの流れをご紹介します。
受診予約 03-5285-8811へお電話お願いいたします。
担当医は高田・吉田とも承ります。
(初診予約が混み合っている場合がございます。ご了承ください。)
初回診察
(内診・超音波・その他必要諸検査)
子宮鏡下手術の必要性があるかもしれないと勘案された場合は子宮鏡外来(必要時はMRI検査)の予約を致します。
(直接、子宮鏡外来へ電話予約できません。)
子宮鏡外来 火曜日午後
(月経周期におきまして検査は月経直後が良いといわれています。)

手術適応があると診断された場合

ご希望により手術日を決定いたします。
術前に投薬がある場合とない場合があります。
病状や前投薬などにもよりますが手術予定は子宮鏡検査後早くて一か月後になります。
(時期により非常に手術が混み合う場合や前投薬の必要性があります。ご了承ください。)

手術決定から手術施行まで

外来で術前検査・麻酔科受診・手術説明など少なくとも2回程度受診が必要になります。
手術に必要な入院期間は基本的に2泊3日の予定です。


子宮動脈塞栓術(UAE:uterine artery embolization)について

大久保病院婦人科では子宮筋腫の患者様に対し子宮動脈塞栓術(UAE:uterine artery embolization)を施行しています。これは子宮筋腫への栄養血流を塞栓、血流遮断(血管を詰める)することによって筋腫の縮小と症状軽快をはかる治療で、近年では手術に代わる治療として厚労省にもみとめられ保険診療提供されるようになってきました。治療効果は個人差がありますが、過多月経、月経痛、圧迫症状の80~90%が改善すると報告されています。
当院においても子宮筋腫の体積は治療前の45%程度まで縮小がみられています。そして過多月経、月経痛、圧迫症状の症状も全例で改善しており、手術に代わるこの治療に対する患者様の満足度は大変高い結果となっております。
治療が可能かどうかは今後の妊娠希望がない事が必須条件となり、いろいろな検査を慎重に検討して決定となります。治療をお考えの方はお気軽に大久保病院婦人科外来までご相談ください。

子宮動脈塞栓術図解

子宮動脈塞栓術 術前術後の様子

診療実績

手術件数

2018年 2017年 2016年
腹腔鏡下手術 62件 58件 59件
子宮鏡下手術 301件 193件 182件
開腹手術 29件 68件 63件
円錐切除 6件 11件 9件
その他手術 9件 14件 13件
合計 総手術件数 407件 347件 326件

腹腔鏡下手術件数

2018年 2017年 2016年
腹腔鏡下良性卵巣腫瘍摘出手術(内膜症以外) 14件 17件 21件
腹腔鏡下子宮内膜症性チョコレート嚢腫摘出手術 5件 9件 11件
腹腔鏡下付属器切除手術 6件 5件 0件
腹腔鏡下子宮筋腫摘出手術 35件 25件 27件
合計 腹腔鏡下手術件数 62件 56件 59件

子宮鏡下手術件数

2018年 2017年 2016年
子宮鏡下子宮筋腫摘出手術 118件 79件 86件
子宮鏡下子宮内膜ポリープ摘出手術 183件 111件 95件
子宮鏡下子宮内膜削除手術 0件 3件 1件
合計 子宮鏡下手術件数 301件 193件 182件

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 資格
大鷹 美子 副院長
  • 婦人科一般診療
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本産科婦人科学会指導医
  • 日本周産期・新生児医学会専門医
  • 母体保護法指定医
  • 臨床遺伝専門医
高田 淳子 部長
  • 婦人科一般診療
  • 婦人科内視鏡検査・手術
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本産科婦人科学会指導医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医(腹腔鏡・子宮鏡)
  • 母体保護法指定医
  • 小切開・鏡視下学会評議員
  • 子宮鏡研究会 幹事
  • 医学博士
山中 紋奈 医員
  • 婦人科一般診療
  • 婦人科内視鏡検査・手術
  • 日本産科婦人科学会専門医
今井 美成 公社医員
  • 婦人科一般診療

学会発表・論文・著書

学会発表・口演

  • 子宮鏡下子宮筋腫摘出術におけるGnRHa術前投与の薬剤別比較
    吉田梨恵 高田淳子
    第2回子宮鏡研究会学術講演会 2018.10.

  • 子宮腺筋症に対する子宮鏡下子宮内膜切除術の有用性の検討  
    吉田梨恵 高田淳子   
    第58回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 2018.8.

  • 子宮鏡下子宮筋腫摘出術におけるGnRHa術前投与の比較検討
    子宮鏡下手術のビデオ供覧
    高田淳子 吉田梨恵
    西新宿産婦人科研究会 2018.8.

  • 当院での子宮鏡下子宮筋腫摘出術におけるGnRHアゴニスト術前投与の検討
    吉田梨恵 高田淳子 羽田野景子 薄井千絵
    第386回 東京産科婦人科学会例会 2018.5.26.

  • 保存的治療に抵抗性をしめす子宮腺筋症に対し子宮鏡下子宮内膜切除術とホルモン療法で良好な経過を得た1例
    吉田梨恵 高田淳子 薄井千絵 鈴木知生 中崎千晶 大石康文
    第384回 東京産科婦人科学会例会 2017.12.16.

  • 術後3年以上経過して再発した子宮体がんⅠ期術後再発低リスク群の2例
    山中紋奈 羽田野景子 薄井千絵 高田淳子 鷲田貴一 寺内敏文
    第380回 東京産科婦人科学会例会 2016.12.

  • 当院での子宮鏡下手術症例における術前投薬の検討
    菅野清美 羽田野景子 薄井千絵 高田淳子
    第376回 東京産科婦人科学会例会 2015.12.

  • 40年を超える子宮内避妊具放置に起因する子宮穿孔により汎発性腹膜炎を起こした1例
    松居有紀 羽田野景子 高田淳子
    第373回 東京産科婦人科学会例会 2015.3.

  • 子宮全摘出術から3年経過後の卵管卵巣膿瘍の1例
    松居有紀 羽田野景子 高田淳子
    第369回 東京産科婦人科学会例会 2014.3.

学会誌 論文発表

  • 当院での子宮鏡下子宮筋腫摘出術におけるGnRHアゴニスト術前投与の検討
    吉田梨恵 高田淳子 羽田野景子 薄井千絵
    東京産科婦人科学会会誌 第67巻 4号611-616頁

  • 保存的治療に抵抗性をしめす子宮腺筋症に対し子宮鏡下子宮内膜切除術とホルモン療法で良好な経過を得た1例
    吉田梨恵 高田淳子 薄井千絵 鈴木知生 中崎千晶 大石康文
    東京産科婦人科学会会誌 第67巻 2号284-288頁

  • 術後3年以上経過して再発した子宮体がんⅠ期術後再発低リスク群の2例
    山中紋奈 羽田野景子 薄井千絵 高田淳子 鷲田貴一 寺内敏文
    東京産科婦人科学会会誌 第66巻 2号339-344頁

  • 当院での子宮鏡下手術症例における術前投薬の検討
    菅野清美 羽田野景子 薄井千絵 高田淳子
    東京産科婦人科学会会誌 第65巻 2号200-206頁

  • 40年を超える子宮内避妊具放置に起因する子宮穿孔により汎発性腹膜炎を起こした1例
    松居有紀 羽田野景子 高田淳子
    東京産科婦人科学会会誌 第64巻 3号386-389頁

  • 子宮全摘出術から3年経過後の卵管卵巣膿瘍の1例
    松居有紀 羽田野景子 高田淳子
    東京産科婦人科学会会誌 第63巻 3号447-450頁

外来医師担当表

ページの先頭へ戻る