グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  検査科

検査科


検査科には、臨床検査部門と臨床工学部門があります。臨床検査部門は、地域特性にも的確に対応できる24時間緊急検査体制を整え、迅速で正確な検査結果の提供に努めています。臨床工学部門は、2交代勤務による透析業務を主とし、医療機器の保守管理など拡大する医療ニーズに対応しています。

検体検査部門

生化学・免疫学検査、血液学検査、尿一般検査などの検体検査は院内委託方式(LSIメディエンス)で検査しています。

生化学・免疫学検査

血液や尿を分析し、からだのどこに異常があるかを調べることができます。
臓器疾患と関連のある主な検査項目は以下のものがあります。
肝臓・胆道 AST、ALT、ALP、γ‐GTP 糖尿病 血糖(GLU)、HbA1c
腎臓 BUN、CRE、尿蛋白 脂質異常 LDLコレステロール、HDLコレステロール
中性脂肪(TG)、総コレステロール
心臓 CK、BNP
膵臓 AMY 感染症 B型肝炎、C型肝炎、HIVなど
甲状腺 TSH、FT3、FT4 腫瘍マーカー CEA、PSA、CA125、AFP、CA19-9

血液学検査

貧血や炎症、血液疾患の診断に必要な検査を行っています。また、血液の止血能力や抗凝固作用のある薬のモニタリングを行っています。
血球算定 赤血球数、白血球数、血小板数、ヘモグロビン量など
血液像 白血球分類
凝固・線溶検査 PT、APTT、FIB、FDP、D‐ダイマー

尿一般検査

尿、便、髄液、胸水、腹水、CAPD(持続携帯式腹膜透析)排液などを検査しています。
腎臓・尿路系の疾患などのスクリーニングに有用な検査です。
尿検査 定性では試験紙を用いて成分の判定を、沈渣では顕微鏡にて細胞成分を観察
便検査 便潜血検査、寄生虫検査
髄液検査 髄膜炎の鑑別

生化学・免疫装置

血液像標本

肝吸虫


輸血検査部門

輸血検査室では、輸血検査業務と血液製剤管理業務として日本赤十字社からの製剤と院内で採血された自己血の保管・管理などを行っています。 
輸血検査の安全性・効率性確保のために全自動輸血検査装置を導入し、24時間体制で緊急時にも迅速に対応しています。
さらに、年6回開催している輸血療法委員会を通じて、各診療科の委員と輸血療法に関する協議を行うほか血液製剤の使用状況報告や輸血情報の提供を行い、院内における安全で適正な輸血療法の実施を目指しています。

輸血検査業務

  • ABO・Rh血液型試験
  • 不規則抗体試験 :ABO・Rh以外の血液型で、過去の輸血や妊娠などによって産生されることがある抗体を不規則性抗体といいます。輸血の際に問題になることがあるために検査を行います。
  • 交差適合試験:患者さんの血液と血液製剤を反応させて、凝集や溶血が起こらないかを調べます。安全に輸血を行うための重要な検査です。
  • 腎移植のための抗体価測定:レシピエントとドナーが違う血液型の場合に行います。

血液製剤管理業務

  • 血液製剤(赤血球液、新鮮凍結血漿、濃厚血小板)の日本赤十字社へ発注・管理・調整を行っています。
  • 院内で採血された自己血の製剤化・管理をしています。
  • 輸血製剤適正使用のために輸血療法委員会へ血液製剤使用の報告をしています。

輸血検査装置

血液型検査

血液製剤


細菌検査部門

細菌検査は感染症が疑われる部位から検体(血液、喀痰、尿、糞便、膿等)を採取し、検査することで感染の有無を調べる検査です。

細菌検査の流れ

1. 塗抹
検査材料をスライドガラスに塗って標本を作成し、染色液で染めて顕微鏡で菌の有無や形態、菌の量等を観察します。
2. 分離培養
検査材料の種類や目的とする細菌が発育しやすい培地に塗り、温度等の環境条件を選択して約1~2日間培養して独立コロニーを発育させます。
結核菌の培養では、多くの日数を要します。
3. 同定判定
培養して発育してきた細菌がどのような菌なのかを調べます。
コロニーの形態や性状等を調べて菌名を決定します。
4. 薬剤感受性判定
細菌による感染症治療には、抗生物質が使用されます。その原因菌は、どのような抗生物質に効果があるのか、耐性を示すのかを判定します。

結核菌

肺炎球菌

真菌アスペルギルス

細菌検査室は、院内感染対策チーム(ICT)の一員として院内感染を起こす可能性のある菌の把握や監視等を行い、院内感染の予防や良好な院内環境を維持するための院内ラウンド等の活動を行っています。
また、薬剤耐性(AMR)対策では、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の一員として検出菌と抗菌薬の結果等について他職種でディスカッションし、抗菌薬適正使用に貢献しています。

病理検査部門

病理検査室では組織診断、細胞診断、術中迅速診断、剖検診断(病理解剖)を主な業務としています。
臨床から依頼を受け、病理医(病理専門医・細胞診専門医)と臨床検査技師(細胞検査士)が協力してこれらの業務を行っています。

組織診断

内視鏡で採取された胃や大腸などの小さな生検組織を薄くスライス(薄切)して染色し、病理組織標本を作製して腫瘍(良性・悪性)なのか否かを調べます。また、手術で摘出された臓器や組織を肉眼的に確認して必要な部位を切り出し、組織を薄切・染色し病理組織標本を作製します。標本を顕微鏡で観察することで病気の最終診断を行っています。
診断に際し必要な特殊染色や免疫染色の他、分子標的治療薬の適応決定やホルモン治療の効果予測のための免疫組織化学的検索を行っています。

細胞診断

子宮頸部を擦り取った細胞、喀痰や尿の中に浮遊している細胞、あるいは乳房の腫瘤などに細い針を刺して吸引し採取した細胞などをスライドガラスに張り付けて細胞診標本とし、顕微鏡で観察して病気の診断を行っています。

術中迅速診断

手術中に採取された病変部の組織を急速に凍結させ短時間で病理組織標本を作製し、病変が良性あるいは悪性かどうかの判定や、病変が全部取りきれているか切除断端の確認などを行っています。手術中に施行する迅速組織診断は手術の方針を決定する一助となっています。

病理解剖

病気で亡くなられた患者さんのご遺体をご遺族の承諾を得て解剖させていただくのが病理解剖です。生前の診断や治療が適切であったかどうか、最終的な死因は何だったのかなどを調べます。全身の諸臓器を肉眼的に観察して写真撮影し、必要な部位から組織標本を作製して顕微鏡で観察し、剖検診断として報告します。

顕微鏡検査

ミクロトーム

組織標本


生理機能検査部門

心機能検査、呼吸機能検査、神経機能検査、超音波検査 、血管系検査、その他検査を実施しています。
心機能検査 安静時12誘導心電図、ホルター心電図、12誘導ホルター心電図、24時間血圧測定検査(ABPM)、ホルター血圧心電図、トレッドミル運動負荷試験、マスター負荷心電図検査、LP心電図、携帯心電図
呼吸機能検査 呼吸機能検査(VC+FVC)、特殊呼吸機能検査、睡眠時無呼吸検査(簡易、精密)
神経機能検査 脳波検査、誘発筋電図(神経伝達速度)、聴性誘発電位(ABR)検査
超音波検査 心臓超音波検査、経食道心エコー検査、腹部超音波検査、造影超音波検査、腎臓超音波検査、血管超音波検査、頚動脈超音波検査、乳腺超音波検査、甲状腺超音波検査、RFA(経皮的ラジオ波焼灼療法)、エコー下穿刺
血管系検査 baPWV(上腕動脈-足首動脈間 脈波伝播速度)、ABI(足関節上腕血圧比)
その他検査 尿素呼気試験検査

心電計

スパイロメーター

超音波計


中央採血部門

血液・尿検査の受付、採血、採尿を行っています。採血台は3台あり、臨床検査技師(専任2名、兼任1名)が採血にあたっています。1日平均150人の患者さんから採血しています。

臨床工学部門

透析室部門

透析室は、ベッド数25床。コンソールは、on-line HDF対応装置21台、多人数用HDF装置2台、個人用HDF装置2台を中央監視システム(Future Net Web)にて管理し1日2クール稼働させています。ICU・CCU病棟では、持続的血液ろ過透析(CHDF)を施行しています。また、腎移植に携わる血漿交換をはじめ、様々なアフェレーシス療法(PE・PP・DHP)を実施しています。

透析室

医療機器管理業務

人工呼吸器、除細動器・ポンプ等の始業前および定期点検を実施しています。医療機器のトラブル時、ファーストチェックを実施しています。医療機器は、1患者1使用を院内で徹底しています。輸液・シリンジポンプ返却後は、毎回、流量・閉塞点検を行っています。医療機器使用中点検のラウンドも毎日行っています。全ての医療機器の状態を医療機器監視システムで管理しています。また、監視システムのweb化により病棟からも各種マニュアルや、医療機器の貸し出し状況が把握可能になっています。

心臓カテーテル検査業務

ポリグラフ・IVUS / OFDI・IABP(大動脈バルーンパンピング術)・PCPS(経皮的心肺補助法)等の操作を実施しています。医療チームのスタッフの一員として業務を行っています。

スタッフ・専門資格

検査科スタッフは、検査科副部長(医師)1名、臨床検査技師34名、臨床工学技士10名(2019年4月現在)で構成され、技術を向上し質の高い医療提供に貢献するために各種学会等が認定する専門資格を取得しています。

医師紹介

氏名 役職 専門分野 資格
迫間 隆昭 副部長 人体病理一般の診断学、消化管病理学
  • 医学博士
  • 日本病理学会病理専門医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医

臨床検査技師・臨床工学技士 認定・専門資格取得者数(2019年4月現在)

緊急臨床検査士 8名
2級臨床検査士 12名
認定輸血検査技師 1名
認定臨床微生物検査技師 2名
感染制御認定臨床微生物検査技師 2名
超音波検査士 5名
認定心電検査技師 2名
血管診療認定技師 3名
POCコーディネータ 1名
細胞検査士 3名
国際細胞検査士 3名
有機溶剤作業主任者 3名
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者 2名
透析技術認定士 6名
3学会合同呼吸療法認定士 4名
第2種ME技術者 11名

ページの先頭へ戻る