グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  眼科

眼科


眼科


診療科の特色

当科では、白内障・緑内障・網膜硝子体疾患を中心とした眼科全般の診療を行っています。
最先端の眼科医療と患者さんの立場に立ったきめ細かく丁寧な対応を提供するよう努力しています。

診療内容

白内障手術(乱視矯正・多焦点対応)

当院では丁寧な説明のもと、安心・安全な手術を行っております。裸眼視力向上のため、乱視の強い患者様には乱視矯正用の眼内レンズを差額料金をいただくことなく積極的に使用しており、大変ご満足いただいております。ほかにも保険適用外となりますが、多焦点眼内レンズも取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。手術日程は通常1泊入院ですが、日帰り手術も可能です。

糖尿病網膜症

糖尿病によって目の中の細い血管が傷つき、目の中の血流が悪くなることで、眼底出血や難治性の網膜剥離、緑内障を引き起こす怖い病気です。ひどくなるまで自覚症状がありませんので、気付かず放置していると失明してしまう怖い疾患です。糖尿病におかかりの方は、自覚症状がなくてもチェックのためにぜひ当科を受診してください。
当院では眼底検査のほか、3次元眼底解析装置(OCT)で網膜を細かく観察し、蛍光眼底造影検査にて網膜症の進行度を評価いたします。治療は網膜のレーザー治療や局所薬物注射、必要な方には硝子体手術を行います。当院には最新のパターンスキャンレーザーが導入されており、短時間で痛みの少ない治療が可能です。

緑内障

目の中の神経が障害されることで視野が狭くなり、高度に進行すれば失明にいたる疾患です。日本人では70歳以上の10人に1人が緑内障と言われています。初期には自覚症状がほとんどありませんので、早期発見、早期治療開始が大変重要です。当院では視野検査のほか、3次元眼底解析装置による極早期の発見や進行度の判定も可能です。緑内障では点眼治療の継続と定期的な視野検査が大切です。必要に応じて、レーザー治療や手術も当院で行うことができます。

網膜前膜(黄斑上膜)、黄斑円孔

「物がゆがんで見える」という症状は目の奥にある網膜の病気のサインである場合があります。網膜前膜、黄斑上膜という疾患は網膜の物を見る中心部(=黄斑)に不要な膜ができて、視界がゆがんだり、視力が落ちたりする疾患です。手術により膜を取り除くと、ゆがみがなくなり、視力の回復が期待できます。黄斑円孔は黄斑に穴があく疾患で、視野の中心が暗くぬけて見えます。硝子体手術以外に治療法はありません。当院では、熟練した医師による手術を受けることができます。

加齢黄斑変性(ルセンティス・アイリーア・マクジェン硝子体内注射)

加齢黄斑変性は近年日本人の発症率が上昇している疾患です。網膜の物を見る中心部(=黄斑)に異常な血管が生じることでゆがみや視力低下を引き起こす疾患です。視野のど真ん中、ちょうど見たいところが見えくいというつらい症状が出ます。2009年に抗VEGF抗体が承認され眼球内に注射できるようになり、症状の改善が望めるようになってきました。当院では蛍光眼底造影検査を行い治療の適応を見極めた上で安全を考慮して手術室で注射を行っております。

網膜(中心・分枝)静脈閉塞症

網膜の静脈が詰まることによって、眼底出血や網膜のむくみをきたす疾患です。動脈硬化が原因のことが多く、急に視力が落ちたり、物が歪んで見えたりします。治療には抗VEGF抗体の硝子体内注射や網膜のレーザー治療を行います。それでも視力回復がおもわしくない場合は、硝子体手術を選択する場合もあります。多くの選択肢からその方に合った治療法を選んでいきます。

眼瞼内反症、睫毛乱生症、眼瞼下垂

眼瞼内反症とは、まぶたが内側に向いて、睫毛(まつげ)が角膜に触る病気です。睫毛乱生症とは、睫毛の方向が悪く、眼に触る病気です。どちらも角膜に傷ができるので手術で治すことをお勧めします。眼瞼下垂は重症筋無力症など全身疾患からくるものもありますが、加齢からくるものが多く、視界が狭くなりうっとうしいものです。まぶたを上げる手術を行っておりますので、ぜひご相談ください。

診療実績

疾患名 症例数(2018年度) (2017年度)
白内障手術 549件 617件
硝子体手術 22件 18件
緑内障手術 15件 2件
外眼手術 15件 19件
抗VEGF薬注射 206件 158件

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 資格 一言
須賀 洸希 副医長
  • 緑内障
  • 強度近視
  • ロービジョンケア
  • 眼科診療一般
  • 日本眼科学会専門医
  • 視覚障碍者用補装具適合判定医師
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
  • 東京都難病指定医
  • 障がい者スポーツ医
患者様へのわかりやすく丁寧な対応を心掛けております。なんでもお気軽にご相談ください。
佐倉 達朗 医員
  • 強度近視
  • 眼科診療一般
  • 日本眼科学会会員
地域の皆様のお役に立てるよう頑張ってまいります。よろしくお願い致します。
高原 眞理子 公社医員
元部長
東京医科歯科大学 臨床教授
  • 白内障
  • 糖尿病網膜症
  • 眼科診療一般
  • 医学博士
  • 日本眼科学会専門医
  • 日本近視学会会員
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
  • 東京都難病指定医
手術、硝子体内注射、レーザー治療など行っております。よい医療の提供に努めております。

学会発表・論文・著書

2018年度実績

一般演題(口演)
  1. 野村卓平、吉田武史、須賀洸希、相原一、大野京子
    強度近視眼緑内障におけるKahook dual blade®併用線維柱帯切開術の短期成績.第29回日本緑内障学会, 2018
  2. 野村卓平、吉田武史、須賀洸希、相原一、大野京子
    視神経乳頭耳側の局所的変形に伴い中心暗点を呈した強度近視の検討.第72回日本臨床眼科学会, 2018
研究会
  1. 野村卓平:閉塞隅角緑内障に対して線維柱帯切除術後に前房消失が遷延した一例.18th Tokyo Glaucoma Retina Joint Conference 2019 winter

外来医師担当表

ページの先頭へ戻る