グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  整形外科

整形外科


整形外科


診療科の特色

当院整形外科では常勤医師5名(全員整形外科専門医)と非常勤医師3名、連携医師4名ので診療を行っています。各医師の専門領域は骨・関節疾患、脊椎疾患、リウマチ疾患、スポーツ障害、外傷など、必要とされる整形領域疾患を幅広くカバーしていて、且つ専門性の高い診療が可能となっております。
また、上述の幅広い領域の整形疾患に対応し、且つどの領域も専門性の高いup to dateな診療が可能です。出身医局の慶應義塾大学病院が地理的に非常に近く、診療連携が容易に、密に行えるので、難症例や、希少症例の対応も可能です。当院では各診療科間の連携が良く、全身管理の必要な合併症がある患者さんでも安心して受診できます。外来は予約制を原則としているので、ひとり1人の紹介患者さんの診療を丁寧に行えます。骨転移による骨関連事象(SRE: skeletal related events)への対応が可能です(oncologic emergencyに対しても、オペや放射線照射などの緊急対応が原則可能)。

診療内容

関節疾患
  • 変形性股関節症
  • 臼蓋形成不全
  • 大腿骨頭壊死症
  • 急速破壊型股関節症
  • リウマチ性関節症(人工股関節について)
  • 変形性膝関節症(人工膝関節について) など

人工関節置換術をMIS(最小侵襲手術)法で行っています。
脊椎疾患
  • 首、腰の痛み、手足の疼痛やしびれ、麻痺、歩行障害などの診療
  • 頸椎症性脊髄症
  • 後縦靱帯骨化症  
  • 腰部脊柱管狭窄症  
  • 腰椎椎間板ヘルニア  
  • 黄色靱帯骨化症  
  • 側弯症 など
手の外科
  • テニス肘(上腕骨外側上顆炎)  
  • 三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷などに対する関節鏡手術
  • 手根管症候群
  • ばね指・腱鞘炎
  • ドケルバン腱鞘炎
  • 母指CM関節症
  • キーンベック病
  • 橈骨遠位端骨折
  • 舟状骨骨折・偽関節
  • 屈筋腱・伸筋腱損傷
  • 脱臼・靱帯損傷 など
足の外科
  • 外反母趾
  • 中足骨疲労骨折
  • 足関節靱帯損傷
  • 足関節骨折
  • 変形性足関節症
  • 三角骨障害 など
スポーツ障害・外傷
  • TFCC損傷
  • テニス肘
  • 肘内側側副靱帯損傷
  • 膝前十字靱帯損傷
  • 膝半月板損傷 など

診療実績

2019年
腰椎弓切除術 集計中
腰部椎間板ヘルニア摘出術 集計中
腰椎固定術 集計中
頚椎椎弓切除術 集計中
骨折手術、膝半月板断裂切除術 集計中
膝靭帯再建術(ACL前十字靭帯) 集計中
人工膝関節置換術 集計中

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 資格
小粥 博樹 部長 脊椎・脊髄外科
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
佐々木 敏江 医員 股関節・骨粗鬆症
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • ICDインフェクションコントロールドクター
  • 日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
勝山 詠理 医員 下肢、膝関節、外傷全般
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
工藤 加奈子 医員 下肢、足部・足関節、外傷全般
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
森重 雄太郎 医員 膝関節、外傷全般
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
  • 日本整形外科学会スポーツ医
  • 日本整形外科学会運動器リハビリテーション医

外来医師担当表

ページの先頭へ戻る