グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科


耳鼻咽喉科


診療科の特色

個々の患者さんに配慮しながら、早期に診断を行い、適確な治療を行うよう心掛けています。
腎臓内科と協力しながらIgA腎症に対する口蓋扁桃摘出術を数多く施行しています。
めまいについては理学療法も積極的に施行しています。

診療内容

耳疾患:急性中耳炎、慢性中耳炎、めまい、難聴、耳鳴症、耳管開放症、顔面神経麻痺など
鼻副鼻腔:急性副鼻腔炎、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎など
咽喉頭:急性咽喉頭炎、急性扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭炎、声帯ポリープ、味覚障害など
頭頸部:頭頸部腫瘍の診断
*悪性腫瘍の治療については、高次病院へご紹介しています。

診療実績

平成30年度 平成29年度 平成28年度
口蓋扁桃摘出術 86 87 65
鼻副鼻腔手術 27 7 21

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 資格 一言
古宇田寛子 医長
  • 耳鼻咽喉科一般
  • めまい平衡学

  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
  • めまい相談医
  • 補聴器相談医
  • 東京医科歯科大学臨床准教授
  • 医学博士
わかりやすく丁寧な診察を心がけています。

学会発表・論文・著書

学会発表

  • 末松由愛、古宇田寛子:咽頭梅毒の3例. 第78回日本耳鼻咽喉科臨床学会(2016.6)
  • 古宇田寛子、牧野奈緒、髙橋正時、倉田奈都子、坂本恵、長岡みどり、渡邊晶、渡邊嶺、籾山直子、阪本由愛:中高齢者IgA腎症に対する扁摘パルス療法の検討. 第117回日本耳鼻咽喉科学会総会(2016.5)
  • 山口恵、古宇田寛子、髙橋正時:破壊型副鼻腔真菌症の1例. 第73回耳鼻咽喉科臨床学会(2011.6)
  • 古宇田寛子、牧野奈緒:原発性鼻副鼻腔結核の1例. 第112回日本耳鼻咽喉科学会総会(2011.5)
  • 倉田奈都子、髙橋正時、古宇田寛子:移植腎IgA腎症に対する扁桃摘出術の経験 第111回日本耳鼻咽喉科学会総会(2010.5)
  • 倉田奈都子、古宇田寛子、喜多村健;急性中耳炎に合併したS状静脈洞血栓症および膿膿瘍の1例. 第19回日本耳科学会(2009.10)
  • 古宇田寛子、角卓郎、角田篤信、喜多村健:メニエール病患者におけるイソソルビド内服液剤とゼリー剤の服薬コンプライアンスの比較検討. 第110回日本耳鼻咽喉科学会総会(2009.5)

原著

  • 古宇田寛子、牧野奈緒、髙橋正時、倉田奈都子:原発性鼻副鼻腔結核の1例. 日本耳鼻咽喉科学会会報 117: 1471-1476(2014.12)
  • 倉田奈都子、髙橋正時、古宇田寛子;腎移植後再発IgA腎症に対する口蓋扁桃摘出術の検討. 115:29-36 (2012.1)
  • 倉田奈都子、古宇田寛子、喜多村健:急性中耳炎に合併したS状静脈洞血栓症および膿膿瘍の1例. Otology Japan 19:180-185(2010.7)
  • 古宇田寛子、角卓郎、角田篤信、喜多村健.メニエール病患者におけるイソソルビド内服液剤とゼリー剤の服薬コンプライアンスの比較検討.耳鼻咽喉科臨床102: 623-627(2009.8)

著書

ウルトラ図解めまい・耳鳴り 古宇田寛子(法研 2017.4)

外来医師担当表

ページの先頭へ戻る