グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  呼吸器内科

呼吸器内科



診療科の特色

呼吸器内科では、肺や気管支に関わる疾患を診療しています。気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、間質性肺炎、呼吸器感染症、肺癌、睡眠時無呼吸症候群、慢性呼吸不全など幅広い疾患の診断や治療に取り組んでおります。

診療内容

呼吸器疾患は長期管理を要する疾患が多く、上記疾患でお困りの方や息切れ・慢性咳嗽でお困りの方はご相談ください。クリニックや往診医と連携し、地域密着型の診療を心掛けております。
予約診療を行っておりますので、予約センターにお電話の上、ご予約をお願いいたします。

◆慢性閉塞性肺疾患(COPD)
タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入暴露することにより起こる疾患です。喫煙歴に関わらず発症することも知られています。呼吸機能検査で診断することができ、胸部CTで肺気腫等を確認し、吸入療法や在宅酸素療法、呼吸リハビリテーションを行っています。

◆気管支喘息
気道の慢性炎症を本体とし、変動性をもった気道狭窄(喘鳴や呼吸困難)や咳などの臨床症状がある疾患です。アレルギーとの関連もあります。
診断の他、治療として吸入療法、重症気管支喘息の方には抗体療法も行っております。
*気管支サーモプラスティーは行っておりません。

◆びまん性肺疾患・間質性肺炎
原因不明の様々な間質性疾患、薬剤によるもの、膠原病に関する肺疾患、腫瘍性疾患、感染症など様々な疾患が含まれており、肺の間質と呼ばれる肺胞壁を炎症や線維化病変を基本的な場とする疾患を間質性肺炎といいます。画像検査、血液検査、呼吸機能検査、気管支内視鏡検査等を行い、診断・治療を行います。抗線維化薬の使用も行っております。

◆慢性呼吸不全
COPDや間質性肺炎など慢性呼吸不全を伴う疾患に対し、在宅酸素療法やリハビリ科と連携し、入院で呼吸リハビリテーションを行っております。

◆睡眠時無呼吸症候群
1時間あたりの無呼吸と低呼吸が5回以上で睡眠呼吸障害と言われています。いびきや日中の眠気が気になる方は受診をお勧めします。
当院では、精密ポリソムノグラフィー(PSG)を行っております。1泊2日の入院で翌日午後に結果を説明し、治療が該当する方にはCPAP(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)療法を開始いたします。
*当院では木曜日にPSG検査を行っております。

◆肺がん
画像検査や血液検査、気管支内視鏡検査などを用いて診断を行い、治療を行います。
放射線科と連携して放射線治療も行っております。
手術が必要な場合は他院呼吸器外科へご紹介しております。

【当院の医療設備】
・画像診断:胸部X線(レントゲン)、CT検査、MRI検査、RI検査、血管造影
・呼吸機能検査
・気管支内視鏡検査
・睡眠時無呼吸検査:簡易検査・精密ポリソムノグラフィー

◆HIVや梅毒などの感染症
当院には週に1~2回、感染症を専門とする医師が外来をしております。一人で悩まずぜひ受診をおすすめします。

◆その他
・肺炎球菌ワクチン:肺炎球菌ワクチンには2種類(ニューモバックス・プレベナー)あります。保険適用外ですが、慢性疾患をお持ちの方は両方打っていただくのをお勧めしています。予約にて接種可能です。
・季節性アレルギー性鼻炎に対し抗体療法を使用することが可能となりました。耳鼻咽喉科と連携し、診療を行っております。適宜ご相談ください。

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 資格 一言
杉田 知妹 医長 呼吸器内科全般
  • インフェクションコントロールドクター
溝渕 莉恵 医員 呼吸器内科全般
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会内科総合内科専門医
  • 日本呼吸学会専門医
  • 気管支鏡学会専門医
  • 日本アレルギー学会アレルギー専門医(内科)
親切にをモットーとしています。

外来医師担当表

ページの先頭へ戻る