グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門 >  乳腺・甲状腺外科

乳腺・甲状腺外科


乳腺・甲状腺外科


診療科の特色

日本乳癌学会ガイドラインにしたがった治療(検査 手術 薬物治療 放射線治療)を行っております。一次再建手術も実施しております。鏡視下(内視鏡下)乳腺腫瘍手術も実施しております。再発症例対しても各種ガイドラインにしたがい生存率の向上に努めております。
甲状腺・副甲状腺(上皮小体)の外科治療を行っています。

診療内容

乳癌(温存術 乳房切除 センチネルリンパ節生検 腋窩リンパ節郭清 一次乳房再建)
良性乳腺腫瘍
検査機器 乳房レントゲン検査(3D MMG) 乳房超音波検査 CT/MR 骨シンチ
放射線治療部にて放射線治療(温存乳房 再発転移部位など)
JBCRG(Jananese breast cancer research group)に参加した臨床試験
甲状腺:甲状腺癌、濾胞性腫瘍、良性腫瘍に対し、細胞診、切除生検、葉切除や全摘、頚部リンパ節郭清
副甲状腺:原発性あるいは二次性機能亢進症に対し、腺腫摘出、自家移植など

診療実績

2019年
(1~7月)
2018年 2017年 2016年
乳癌 温存術 7件 12件 9件 8件
乳癌 乳房切除 10件 18件 14件 11件
乳癌 一次再建 2件 0件 0件 0件
乳癌 再発切除 2件 3件 2件
良性乳腺腫瘍 2件 7件 3件 3件
良性乳腺腫瘍 12件 24件 20件 2件
甲状腺癌など頚部手術 2件 6件
5件 5件
甲状腺の細胞診 25件 41件 40件 51件

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 資格 一言
佐藤栄吾 医長
  • 乳腺疾患甲状腺外科
  • 消化器外科
  • 日本外科学会専門医/指導医
  • 日本消化器外科学会専門医/指導医
  • がん外科治療認定医
  • 日本乳癌学会認定医
  • 検診マンモグラフィー読影認定医
  • 難病指定医
  • 病理解剖資格
  • 癌局所療法研究施設会員
安心・安全をモットーに日々診療に当たっております
長内孝之 医長 乳腺疾患
  • 日本乳癌学会専門医、指導医
  • 日本外科学会専門医、指導医
  • 日本がん治療学会がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 検診マンモグラフィー読影認定医
  • 難病指定医
  • Tokyo Breast Consortium 運営委員
  • Tokyo Metroplitan遺伝性乳癌卵巣癌研究会世話人
早期発見早期治療に努めております。

お悩みのことはご相談ください。

学会発表・論文・著書

2019年

学術論文

  1. ICG蛍光造影法にて皮膚再発病変を確認しえた乳癌の1例。岡本真穂、長内孝之。日本臨床外科学会雑誌第80巻4号。
  2. 蛍光検出システムが副甲状腺の術中同定に役立った、非反回神経を伴った甲状腺癌の一例。佐藤栄吾。癌と化学療法。

学会発表

  1. 超音波ガイド下吸引式組織生検におけるハイドロマーク留置が有効だったDuctal carcinoma in situの一切除例。佐藤栄吾。第27回日本乳癌学会学術総会。
  2. 蛍光検出システムが副甲状腺の術中同定に役立った、非反回神経を伴った甲状腺癌の一例。佐藤栄吾。第41回日本癌局所療法研究会。

2018年

司会

  1. 第40回 日本乳腺甲状腺超音波医学会 共催セミナー(VAB Celeroの有用性) 司会。長内孝之。

学術論文

  1. Mohs pasteが出血・浸出液コントロールと腫瘍の縮小に有効であった進行乳癌の一例。佐藤栄吾。癌と化学療法45(13)、2018。
  2. 長期生存をきたしている乳癌肝転移の1例。長内孝之。日本臨床外科学会雑誌第79巻8号

学会発表

  1. Mohs pasteが出血・浸出液コントロールと腫瘍の縮小に有効であった進行乳癌の一例。佐藤栄吾。第40回日本癌局所療法研究会。
  2. 乳癌術後に発症した乳腺顆粒細胞腫の1例。佐藤栄吾、石橋成彦。第850回外科集談会。
  3. 乳癌術後補助化学療法後に骨転移と再赤色髄化との鑑別を要した1例。長内孝之、岡本真穂。第849回外科集談会。
  4. 乳癌術後フォローにおける拡散強調画像全身MRI(DWIBS)に関しての検討。長内孝之。第26回日本乳癌学会学術総会。
  5. 当院におけるOncotypeDX検査の臨床的意義について。長内孝之。第50回茨城乳腺疾患研究会。
  6. 再発転移乳癌治療中効果判定における拡散強調画像全身MRI(DWIBS)に関しての検討。長内孝之。日本癌治療学会。
  7. 乳癌治療総論。長内孝之。新宿区医師会。
  8. ICG蛍光造影法にて皮膚再発病変を確認しえた乳癌の1例。岡本真穂。日本臨床外科学会2018.11月。
  9. OncotypeDX検査と各種molecular marker~Ki67との関連。長内孝之。日本臨床外科学会 2018.11月。
  10. 外来局麻下センチネルリンパ節生検。 岡本真穂。日本乳癌学会関東地方会2018.12月。
  11. 乳癌手術時のインドシアニングリーン使用に関して (センチネルリンパ節以外に関して)。岡本真穂。都立公社研究会 2018.10月。

2017年

学術論文

  1. Mohs Pasteが出血コントロールに有効であった乳癌皮膚転移の一例。佐藤栄吾。癌と化学療法43、12月号。

学会発表

  1. Mohs Pasteが出血コントロールに有効であった乳癌皮膚転移の一例。佐藤栄吾。第38回日本癌局所療法研究会。
  2. 血性分泌を呈する男性乳癌の一切除例。佐藤栄吾、内山俊祐。第846回外科集談会。

外来医師担当表

ページの先頭へ戻る