グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  入院・面会 >  お食事について

お食事について


お食事は栄養のバランスを考慮し、病院内でお作りしています。主治医の指示により、患者さん一人ひとりの病状に合わせた治療食を提供しています。

治療食例

一般治療食:治療上、特別に栄養素の増減を必要としない食事
例:一般常食1800kcal

朝食

昼食

夕食

特別治療食:疾病治療のために、栄養素の増減や食材・食形態の調整が必要な食事
例:腎不全食(たんぱく質40g、エネルギー1800kcal、食塩5g)

朝食

昼食

夕食


行事食
※季節の行事や歳時に合わせたお楽しみ献立を、月に3~4回実施しています。

緑陰の頃

海の日

秋の味覚

※食物アレルギーや宗教上の禁忌食品がある患者さんには、個別に対応しています。
※ハラール認定を受けた食品の取り扱いはありませんので、ご了承ください。

食事時間などについて

食事 時間 食事の選択
7時45分~8時45分 基本は和食(ご飯食)です。
洋食(パン食)をご希望の方は看護師にお声掛け下さい。
12時00分~12時45分
18時00分~19時00分 週3回、選択メニューを行っています。
主菜2種類からお好きな方をお選びいただけます。(詳しくは病棟掲示の献立予定表に記載しています。)

衛生管理の徹底

温度管理や盛りつけなどの精度管理を徹底しています。

保温保冷配膳車を使用して、適温で提供しています。

東京都食品衛生マイスター

東京都食品衛生マイスター認定証

当院は「東京都食品衛生自主認証制度」による認定を受けた施設です。安全なお食事の提供に心がけています。

ページの先頭へ戻る